脳の三位一体論

sponsored link
スポンサードリンク

爬虫類・脳哺乳類脳・人間脳

 地球上に生命が誕生して三十数億年。その間に、生きものの脳もゆっくりと進化し、現在の形になっていきました。われわれ人間の脳には、その進化のなごりが受け継がれていて、その結果、「爬虫類脳」「哺乳類脳」「人間脳」という「3つの部分」で構成されています。あなたの脳もそうです。
 今回はその3つの脳をわかりやすく解説します。まず脳の一番奥にある脳幹(のうかん)は「爬虫類脳」といわれ、呼吸、飲食、性行動といった生きるための基本的な働きをしています。真ん中にある大脳辺縁系(だいのうへんえんけい)は「哺乳類脳(わかりやすく動物脳とします)」といわれ、喜怒哀楽などの感情をつかさどっています。そして、一番外側にある大脳皮質(だいのうひしつ)は「人間脳」といわれ、五感や、運動、言葉や記憶、思考などの高度な機能を果たしています。この3つの脳は、密接に協力して働きます。わたしたち人間はこの3つの脳を同時に使いながら、人間らしい豊かな精神活動をしているのです。

 この「3つの脳」という考え方は、アメリカ国立精神衛生研究所の脳進化学者ポール・D・マクリーン博士によって提唱されたものですが、この説を否定する比較神経学者もいます。しかし、脳の構造や特徴を理解するには、とてもわかりやすく納得のいく説なので、ひとつの考え方として覚えておくといいでしょう。自分の優柔不断なところや、意志の弱さ、精神力の弱さなどの原因が理解できるかもしれません。原因がわかれば対策も取れるということですから。

爬虫類脳は短絡的な欲求脳

 爬虫類脳は最も古い脳とされており「原始爬虫類脳」や「反射脳」とも呼ばれます。本能を司る脳として交感神経や副交感神経をコントロールしていて、その役割は主に「生命維持」です。爬虫類脳をひと言でまとめれば、「生きるための脳」と言っていいでしょう。特徴としては、縄張りに対しての防衛本能があります。人の場合はパーソナル・スペースと言いますが、あまりにも自分のそばに他人が侵略してくると、嫌な気分になるのは、爬虫類脳の「安全でいたい」という防衛本能が働くからなのです。
 爬虫類脳は生きるために必死なので、自己中心的であり、目の前の短絡的な欲求しか頭にありません。もしも人間が爬虫類脳だけなら、支配するか支配されるか、奪うか奪われるかといった殺伐とした世界になってしまいます。またマクリーン氏によると、爬虫類脳は先祖からの記憶に満ちていて、先祖からの遺伝子の命令通りは働くそうです。「過去の経験則にこだわり、新しいことは嫌い」というこの性質の影響で、わたしたち人間はせっかく目標を掲げたのに、なかなか新しい行動にチャレンジできないという事態に陥ります。

哺乳類脳は情動性の感情脳

 哺乳類脳は爬虫類脳の次に古い脳とされており「旧哺乳類脳」や「情動脳」とも呼ばれます。大脳辺縁系で成り立っていて、快・不快の刺激に結びついた「喜び・愛情・怒り・恐怖・嫌悪」といった情動性の感情をコントロールしています。イヌやネコなどの哺乳類は、トカゲやヘビといった爬虫類とは違って感情が豊かです。この本能的な感情によって、不安や恐怖を感じ、危険や脅威から逃避したり、外敵を攻撃します。哺乳類脳をひと言でまとめれば、「感じるための脳」です。特徴としては、群れで行動することです。これは仲間と協同して子育てをする集団行動や、非力な子供の育児や保護といった母性的な欲求・本能の源泉です。また、群れのトップであれば、より確実に自分の遺伝子を残すことにつながります。わたしたち人間がコミュニティーを築いたり、その中で自分を重要な存在だと思われたいのは、この哺乳類脳の性質が関係しているのです。YouTube動画では、犬が人間の赤ちゃんを守ろうとする心温まる映像が上がってますが、それは本能的に、仲間内の弱者を守ろうとする哺乳類脳の性質なのかもしれません。

人間脳は未来を予測できる理性能

 人間脳は最も新しい脳とされていて、「新哺乳類脳」「理性脳」とも呼ばれます。右脳と左脳から成り立っていて、言語機能、学習能力、創造的思考能力、空間把握能力などをコントロールします。人間脳をひと言でまとめれば、「考えるための脳」です。わたしたち人間と動物を隔てるものは、未来に関わる思考能力です。未来を予測できる能力があるからこそ、理性的であり、学習したいと感じ、目的意識を持って行動することができます。「創造的なことをしたい」「目標を達成したい」「成長したい」という考えは、未来を想像できる人間脳ならではの性質によるものなんですね。もしも未来への思考力がなければ、ダイエットをしようとか、将来を見据えて勉強するようなことはできません。また、人間脳の理性があるからこそ、お腹が減ったからといって簡単に食べ物を盗むことはしませんし、ムカつくからといって人を殴ることを我慢し、人前で性行為をしたりしないんですね。


 もう一度、3つの脳の特徴を見てみましょう。この3つの脳の特徴から、「人間の三大欲求」がわかります。爬虫類脳は、生命維持のために「安全意識」が働きます。生きるために食べ、休み、身の危険が迫ったら反射的に体が動きます。哺乳類脳は、情動が生まれることで「仲間意識」が働きます。愛情を感じ、仲間と協同することが種の存続につながります。人間脳は、未来的な思考ができることで「目的意識」が働きます。目の前の本能の支配から逃れ、未来のために行動をしようとします。3つの脳の階層順で脳の機能をイラスト化すると次のように表現できます。
 ピラミッド型にした理由は、「爬虫類脳・哺乳類脳」の影響力が「人間脳」よりもはるかに大きいからです。この階層を見てみると、人間の三大欲求を表したERG理論や、マズローの5段階欲求説と似ていることがわかります。


 人間脳はもっとも高次で複雑な情報処理を行う部位であるとされます。ですが実際は人間脳だけでは高度な情報処理はできず、哺乳類脳や爬虫類脳などと連動しながら情報処理を行なっていると考えられています。要するに3つの脳は切り離して機能させることはできないのです。マクリーン氏は、爬虫類脳・哺乳類脳・人間脳の3つの脳が同居していることこそが「人間の苦悩」であるとしました。なぜなら、人間は進化が速すぎたために3つの脳の連携がうまくいかず、たびたび影響力の大きな爬虫類脳や哺乳類脳に支配されると考えたからです。
 多くの人が次のような苦労をしていると思います。たとえば、あなたがダイエットを考えたとします。もしも3つの脳を切り離せるとしたら、人間脳だけが働いて、たんたんとダイエットを進めることができるはずです。ですが実際は、爬虫類脳が「どうして今までと違うことをするんだ? 甘くておいしい食べ物が目の前にあるじゃないか」と抵抗し、哺乳類脳も「ダイエットって面倒くさいから嫌だよね」と抵抗します。その結果、「…そうだね、そんなに無理してダイエットなんかしなくても、いいか」と挫折してしまうというわけです。逆に言えば、爬虫類脳と哺乳類脳をうまく連動させることができれば、目標達成はしやすくなるということなのですが…。
 熟考が得意な人間脳は、脳にストレスがかかることで働きが弱くなります。つまり、プレッシャーがかかっていたり、疲れていると、爬虫類脳の短絡的思考に傾いてしまうということです。なので目標達成をしたいのであれば、なるべく脳がストレスを受けない状態にしておくことが大切です。さらに、人間脳である、やる気や思考力を司る「前頭連合野」を鍛えることで、短絡的な欲求をコントロールしやすくなります。

脳の三位一体論をまとめると

 ポール・D・マクリーン博士の『脳の三位一体論』は、進化の過程によって人間の脳には「3つの脳」が同居しているとした仮説です。人間の脳は「反射的な爬虫類脳」と、「情動的な哺乳類脳」と、「理性的な人間脳」の三層構造で構成されています。この3つの脳の特徴をまとめると「生きたい・関わりたい・成長したい」という人間の三大欲求になります。ただし、人間脳の「成長したい」という願いは、変化を嫌う爬虫類脳や不安を訴える哺乳類脳の影響力よりも小さくて弱いです。つまり、いかに爬虫類脳と哺乳類脳の影響力を味方につけるか、あるいは無視できるかが、目標達成では大切なことなのです。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。