バナナ情報って嘘ばかり?

sponsored link

「黒く変色したバナナはお米と混ぜてドライヤーで温風をあてると黄色に戻る」

という情報を聞いたことがありますか?

あおねこはよくバナナを食べるので、ホントかどうか検証してみたんですよ。

ほんでもって友人にそれとなく聞いてみたのです。

「黒くなったバナナを黄色に戻す方法知ってる?」

すると友人、「ドライヤーをあてるんだろ、知ってるさそれくらい」

いやいや、話を最後まで聞いてほしかったんだけど…。

「あれ、何回かやってみたけど黄色にはならなかったよ」と言いたかった。

こういうネットに出てる情報というか雑学って、ホントいい加減なのが多い。

なんで多いのかというと、多くの人は検証しないからなんだ。

だから注目を集めるためにデマばかり流す。でも8割の人は検証もしてないのに情報として記憶し他人に話す。

結果、いい加減な情報が普通に広まるってわけ。

食パンに「良い言葉」と「悪い言葉」を投げかけると、「悪い言葉」を投げかけたほうがカビの発生が早いというのは聞いたことがあるだろうか? もし聞いたことがあるなら、あなたはそれを試してみたことがありますか?

「ああ知ってる知ってる」と思ったあなたは、その話を雑学として他人に話したことはないですか。ホントかどうか試したこともないくせに。

「生花」に「きれいだよ」と声掛けすると長持ちするらしいよ、って言い触らすくせに自分では検証したこともない。

ネットの時代になってこれは危険です。

簡単に検証できることはやってみましょう。何度か試してから自分だけの結論を出せばいいと思うのです。

検証する回数が少なければ、たまたま条件が悪くて失敗しただけかもしれません。

その1回だけで白黒の結論出すのは危険ですから、あくまでも答えは「自分だけの結論」として持っておくにとどめたほうがよさそうです。

さて、先日バナナの新たな保存法として、バナナの柄の部分にラップを巻くと変色しにくいという情報を聞いて、あおねこは検証してみました。

どうやらTBSテレビの『この差って何ですか?』で話題になった裏ワザらしいです。

3回試してみたところ、自分なりの結論としては「大して変わりない」でした。

だから他人には勧めないし教えません。

独自の理論をテレビで発信するセンセーが多いのは『ホンマでっか!?TV』。

TVで言ってるからホントのことだろうと鵜呑みにせずに、せめてどういったセンセーなのかくらいは調べてから判断するようにしたほうがいいかもしれません。

何といっても情報番組ではなくバラエティ番組ですからね。

スポンサードリンク

この記事を読んだ人はコチラも読まれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする